SEO対策とアルゴリズム

algorithm

 

 

検索サイトがそれぞれのサイトをランク付けするアルゴリズムは公表されていません。

 

しかし、実際に検索して見て、
その順位を見るとある程度予想されるのです。

 

その情報を元にして
自分のサイトが上位に表示されるようにするための
テクニックがSEO対策と呼ばれるものです。

 

その中でも内部対策はホームページを構成している
テキストの部分に必要な単語を埋め込むだけで済みます。

 

 

つまり、内部対策は比較的簡単なのです。
もちろん、その効果は限定的です。
誰でもが同じことを考えるからです。

 

検索サイトのアルゴリズムが注目されているのは、
検索サイトそのものが注目されているためです。

 

インターネットで情報を得ようとする場合、
まずは検索サイトでキーワードを入力します。

 

そして、そのキーワードに関連付けられたサイトが表示される仕組みになっています。
SEO対策が進化するにしたがって、
検索サイトのアルゴリズムも変化してきました。

 

SEO対策の通りに動く検索サイトであれば、
誰も利用しなくなるからです。

 

検索サイトの利用価値は本当に必要な情報を提供してくれることです。

 

現実的にはそれは非常に難しいことです。
必ずその裏をかく人が出てくるからです。

 

これからのインターネットの世界はどうなるのでしょうか。
検索サイトやSEO対策が意味のない世界になるかもしれません。

 

そこには膨大な情報があり、
それを一元的に管理するのではなく
有機的なつながりを個人がつなぎ合わせることができる世界でしょう。


SEOとマーケティング

最近はインターネットを利用して商品を購入しようとする人が増えてきました。
そのため、一般の企業でもホームページを充実させることが重要になってきたのです。

 

ただ、ホームページの内容を充実させるのではなく、
そのサイトを閲覧する人の数を増やさなければ意味がありません。
そこでSEO対策の話になるのです。

 

 

つまり、SEO対策とはどうやって
自社のホームページにアクセスする人を増やすかと言うことを
技術的に考えることなのです。

 

 

SEO対策には内部対策と外部対策があります。
内部対策は比較的費用をかけずにできますが、効果は限定的です。

 

 

外部対策はある程度の経費をかけて行う対策です。
どちらを優先すべきかは、
そのホームページの役割などを考慮して決めなければなりませんが、
マーケティングを考えるうえでSEO対策を無視することはできないのです。

 

自社のシェアを伸ばすことを考えるのか、
これまでの顧客を大事にしていくのかは企業によって考え方が違います。
重要なことはSEO対策だけが独り歩きをしないようにすることです。

 

それはマーケティング戦略の一部にすぎません。

 

 

SEO内部対策を重要視しているとしても、
それだけで完結する話ではないのです。

 

アクセス数を延ばすことができたとしても、
そこからどうやって売り上げにつなげていくかを考えることが重要でしょう。

 

インターネットでSEO対策をサポートする会社がたくさんありますが、
アクセス数を延ばすことのサポートは行います。

 

しかし、そこから先は自社で考えなければならないのです。